記事一覧

6月24日オレンジカフェ 本日は(演奏会と歌)

ファイル 140-1.jpgファイル 140-2.jpg

カフェおとなりさんの歌おう会の折、いつもギターを弾いてくださる高見さんの「禁じられた遊び」からスタート……続けて「柿の木坂の家・この世の花・くちなしの花」等々懐かしい本当に懐かしい曲を弾き、歌ってくださいました。

その後は、松本先生のエレクトーンと、ギターの伴奏で、参加者のリクエストで、「夏はきぬ・われは海の子・浜辺のうた・他」を皆で歌いました。

「宵待ち草」も歌いましたが、その歌詞について、松本先生に面白い話を聞きました。

「宵待ち草の 花が散る」と作者の夢二さんは2番に書きました。が、宵待ち草は夕方咲いて翌朝にはしぼんでしまい、散ることはないのだそうです。そんなことから最近は「宵待ち草の 花の露」と歌うそうです。あの世で夢二さんは何と思っているでしょう……
ちなみに1番は「宵待ち草の やるせなさ」です

ギターの演奏中、松本先生は屑箱のような穴の開いた木箱に座て、たたいていました。優しい音ですが、インパクトがあって、私も叩いてみたくなりましたが……

打楽器で(カホン)と言うものだそうです。穴を上にしてその辺に置いておいたら、ポイッとごみを入れてしまいそう……と思うのは、私だけでしょうか??????                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

5月27日 オレンジカフェ

ファイル 139-1.jpgファイル 139-2.jpg

本日オレンジカフェ開催日です

今日はなんのイベントもなく、お茶を飲みながらのおしゃべりカフェでしたが、11名の方がおしゃべりに来てくださいました。

が……
カフェ受付の向かい側に、看護協会北多摩支部の(まちの保健室)が設けられて、カフェに参加された皆さんも、血圧、体脂肪、基礎代謝などを測ってもらい、アドバイスを受けて一喜一憂していました。

今までとは、ちょっと違う、本日のオレンジカフェでした。

4月22日  オレンジカフェ

ファイル 138-1.jpgファイル 138-2.jpg

今日は第4土曜日オレンジカフェの日です

本日のメーンイヴェントは、福生の語り部の会を主宰する蛤谷(はまや)さんとお仲間の谷口さんです。
谷口さんにはカフェおとなりさんで、民話の語りをして頂いています。

最初に谷口さんのリードで、金子みすずの「お日さん 雨さん」の詩を、参加者全員で朗読したり、一人ずつ読んだりして、読む人によって、イメージが変わることを体験しました。

蛤谷さんの、嫁と姑の「屁だらけ」と言うお話は、新婚のお嫁さんがオナラを我慢して体調を崩して姑さんに問いただされ、溜まったオナラを一気に出してしまうまでの、まさに「屁だらけ」のお話
おせんべいを持ってお茶のみにきた友だちに「センベイ(煎餅)はいらない、ヒャクベイで結構」と言う、落ちのあるお話でした。
その他に「いたちの子守唄」「きつねの嫁入り」などお話して頂きました。

皆さん笑ったり、その気になってちょっぴり眠ってしまったりと、良い時間を、過ごしていました

蛤谷さん、谷口さんありがとうございました。

3月25日  オレンジカフェ

ファイル 137-1.jpg

本日第4土曜日オレンジカフェの営業日です コーヒーカップが足りなくなってしまうほど 大勢の方にご来店頂きました 

2時からは 女性尺八Duo美恵子&美咲穂 の演奏会がありました 
月の砂漠 北国の春 を尺八の伴奏で 皆で歌いました 皆さんきっと尺八の伴奏で歌うのは 初めての経験だったでしょうね

その他 コンドルは飛んでゆく 風雪流れ旅 名月赤城山 夕月などを演奏して頂きました

今日はシニアメイトのスタッフがちょっと足りず 若い男性(スタッフの息子さん)が臨時に手伝いに来てくれました

若者が一人いるだけで雰囲気が 変わるものです 元気がもらえますね シニアメイトは 常に若者スタッフ募集中です……!!!!

    

2月25日  オレンジカフェ

ファイル 136-1.jpgファイル 136-2.jpg

2は逃げると言うそうですが 2月もあと3日で終わりです ハヤイですね つい先日 お雑煮を食べたばかりのような気がしますのに…… 

本日のオレンジカフェにも 15名の方に御来店頂きました ありがとうございます

今日は 武蔵村山のおとなりの瑞穂町の「介護老人保健施設 菜の花」の看護師さんに アロマ・マッサージの手順を指導して頂きました

マッサージは 骨を押さないように 骨と骨の間を2本の指でマッサージするのだそうです

マッサージ前に 滑りを良くするために オイルをぬるのですが 専用オイルでなくても 調理に使っている オリーブオイルでもよいそうです 

説明の後二人組になって オイルをつけてマッサージして あげたり してもらったりしました 

ひと段落した後は おしゃべりタイム 各テーブルに看護師さんと スタッフがお邪魔して おしゃべりに花が咲きました 

スタッフのKさんが持ってきた ポピーが大きく咲いて春本番の カフェでした

2月17日  輝く高齢者介護予防講座(15)

ファイル 135-1.jpgファイル 135-2.jpg

今日は高齢者介護予防講座15回シリーズの最終日でした 

1回目に行った体力測定(片足立ち 握力 5m歩行)を最終回の今日も測定した後「介護予防とは?」のまとめを 健康運動指導士の竹内氏に講義して頂きました

竹内氏は「今日で終わりでなく 今日からスタート」であること
加齢で起こるロコモティブシンドローム サルコペニア フレイムなど いろいろな機能の低下で要介護状態にならないように 運動面 栄養面 精神面で予防することの大切さをおそわりました

日々頑張るのではなく 楽しむことだそうです 
教育(今日行く所を見つける)と 教養(今日の用事を見つける)が 大事とのこと

最後に 参加されたみなさまと ケーキとコーヒーで茶話会を行い交流を深め 楽しいひとときを過ごしました

長い間お疲れ様でした そしてご協力ありがとうございました 

2月9日 輝く高齢者介護予防講座(14)

ファイル 134-1.jpgファイル 134-2.jpg

本日はいよいよ最後の講座「エンディングノートを書こう」で 講師の先生はファイナンシャルプランナーの柳原誠先生でした  

先生は昨年お母様を突然亡くされたことから 亡くなられたご当人の意思  想い 友人の連絡先 貯蓄や保険 延命治療についてなど 書き記しておくことの 大切さを痛感されたそうです

立派なエンディングノートでなく 普通のノートにても 書き残しておくことが大事なことだそうです


 

2月2日 輝く高齢者介護予防講座(13)

ファイル 133-1.jpgファイル 133-2.jpg

介護予防講座も 残すところあと3日となりました

本日は「脳の活性化はいつからでも」の題目通り 脳トレの講座です……が

この講座担当の先生が体調を崩されて 急遽来られなくなってしまいました

担当者一同 今まで経験したことのない事態に あわてましたが
輝く高齢者講座のシニアメイト主担当者の川人が 学童保育や 幼稚園の先生をしていたころの 経験を活かして代役を果たしてくれました 

皆さん 楽しいような 苦しいような 簡単なような 難しいような 数字の計算や 間違い探しなどに一生懸命挑戦して「ああ疲れた」と言って帰って行かれました 

でもちょっと 楽しかったですね 

代役の川人先生も お疲れ様でした

  

1月28日  オレンジカフェ

今年初めてのオレンジカフェでした 15名の方が参加して下さいました

2時からは 薬剤師の松岡先生に「認知症のくすりのはなし」をして頂きました

認知症の症状 種類 治療薬の歴史などのお話の後 服薬支援について話して頂きました 残薬の回収や整理がされるようになったとのこと 服用回数を減らせる薬への変更の提案 また薬の飲み方の指導などされているとのことでした

錠剤などは少量のお湯で(55°位)溶かして飲む方法もあるそうですが…… いまはオブラートも3角錐をしたものもあるそうです

お話の後 皆さんの質問にも それぞれ答えて頂きました
松岡先生 ありがとうございました
 

1月19日   輝く高齢者介護予防講座(12)

ファイル 131-1.jpgファイル 131-2.jpg

おおよそ1か月ぶりの介護予防講座でしたが 皆さん忘れずに参加して下さいました 

年の初め第1弾は「高齢者の住宅事情」 ファイナンシャルプランナーの山田静江講師が丁寧に お話してくださいました

高齢者向け住宅には マンションタイプ ワンルームタイプ グループホームタイプ など色々なタイプがあるそうです 

また 食事つきだったり 台所がついていて自分で作ることが出来たり 部屋にお風呂が付いていたり 付いていなかったりもあるそうです 

高齢者の住宅で大事なことは 「住みやすいこと・見守りがあること・動けなくなったときには 退所しないでそのまま介護サービスが受けられる」事だそうです

「我が家で最後を…」と思いつつも 核家族になってしまった現在
 高齢者住宅は ありがたい住宅ですが それなりに資金を準備をしておかないと……ですね

我が家はちょっと?????