記事一覧

10月11日輝く高齢者介護予防講座 物忘れと認知症

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpg

 今日は、武蔵村山病院認知症専門医の福井海樹先生に、認知症についてお話して頂きました。

 今は「100歳寿命が当たり前になり、平成20年には3万人だった100歳以上の人口が、平成30年には6万人になっているそうです。認知症は、国民病5大疾病の1だそうです。

 認知症予防としては、バランスの良い食生活・適度な運動・深酒しないタバコは吸わない・生活習慣病の予防・転ばない(頭の打撲は認知症を招くので)・興味、好奇心を持ち・考えをまとめ・人と交わり・明るく日々を送ることだそうです。

    !(^^)! !(^^)! !(^^)! !(^^)!
   
 

10月11日輝く高齢者介護予防講座 心の健康(懐かしの歌で

ファイル 181-1.jpg

 音楽講師の井上ツヤ子先生は最初に「歌のアイウエオ」の話をし て下さいました。
  アはあの日あのとときの歌 イは良い気持ちで ウは歌は運動
  エは笑顔で オは大きな口で、大きな声で 

 最初の曲「虫の声」を歌い終わると歌集を伏せて「何種類の虫がでてきましたか 」の質問に、皆さんちょっとビックリ(@_@;)    
 「大きく口を開けて、大きな声を出して 歌詞の情景を思い浮かべながら、歌いましょう」と……

 「高校3年生」「いつでも夢を」では皆さんもう、舟木一夫さんや吉永小百合さんになったつもりで歌いました。

 「うさぎとかめ」と「桃太郎」を同時に歌ったり、掛け合いながら歌うと、あっちへ行ったり、こっちへ来たり。
 「オオ プレネリ」では、呼びかけている男性とプレネリさんに
別れて歌いましたが、男性のはずの人が、プレネリさんを歌って しまったり、プレネリさんが男性になってしまったりして、皆さん歌ったり笑ったりと、楽しい講座でした。

 井上先生、伴奏の杉下先生 ありがとうございました
 
 

   

10月4日輝く高齢者介護予防講座 家庭で出来る簡単料理

ファイル 180-1.jpgファイル 180-2.jpgファイル 180-3.jpgファイル 180-4.jpg

 本日は管理栄養士の福田清子さんの指導で,
家庭で出来る簡単料理を作りました。

 メニュウは 油揚げとしょうがの炊き込みご飯 鶏肉の梅酒煮
       ほうれん草・えのきだけ・黄色菊のゆずポン酢和
       さつまいもと干しブドウのサラダ
       卵豆腐とオクラのお吸い物の5品でした。

 さすが主婦歴??年の皆さん方! 手早くあっという間に5品が出来上がり、11時半ごろからのランチタイムになりました。

 皆で作った物を食べながらのおしゃべり、皆さんとても楽しそう でした。

 

 

 

 

 

9月27日  輝く高齢者介護予防講座 口腔ケアで病知らず

ファイル 179-1.jpgファイル 179-2.jpg

 今日は、歯科衛生士の箕輪久子先生の口腔ケアの講座でした。

 先生は、むせやすくなったり、滑舌が悪くなったり、食べこぼしたり、が、多くなったことを年齢のせいにしないで下さい。と言われました。

 いつまでも元気でいるために、身体全体の筋トレをするように、
舌や口内の筋トレをすることだそうです。

 首から上の脳への情報伝達量は、全体の4割にもなるそうです。
そして、口内や舌の筋トレをすることで、脳が活性化して認知予防にもなるそうです。
 
 舌の筋トレは「あかんベー」をしたり、口のなかで舌を回したり
、おしゃべりしたり、歌を歌ったり……。おしゃべり相手がいないときは、声を出して新聞を読むと良いそうです。

 「元気な口でおいしいものを食べて、運動をして、社会参加もして」これからも楽しい毎日が過ごせますように……。

  

9月22日   オレンジカフェ

 今日のオレンジカフェは、イベント的な企画がないためか参加者
11名でした。

 初めて参加した方も、まわりの皆さんとおしゃべりを楽しみ、笑顔と笑い声で盛り上がったサロンでした。

 来月のオレンジカフェは、理学療法士による手→足→頭を楽しむ企画がありますので、皆さんの参加をお待ちしています。

  

9月20日  輝く高齢者介護予防講座  介護保険のいろいろ

ファイル 177-1.jpg

 「介護保険料がまた値上げね」などと言いながらあまり分かっていない介護保険の現状と今後について、ケアマネージャーの原田真紀さんが、現場の経験を踏まえて、分かり易く話をしてくださいました。

 介護の担い手がいないのに、介護される側が多くなってしまう「2025年問題」についての話。2025年には今講座受講者も、スタッフも、バリバリのシニアになってしまいます。
 学習しながら、仲間を作って、介護される側にならないように、無理しないで、頑張りましょう!

 介護保険のサービスを受けるためには、武蔵村山では南部・緑ヶ丘・北部・西部地域包括支援センターがあります。居住地域の包括支援センターに相談することだそうです。

 包括支援センターに相談することで、サービスを受けることにつながります。

 最近は夫婦2人住まいや、独居世帯が多く、異常に気ずきにくいそうです。そんな時はお互い様の気持で、近所の人と話し合いをしておくと良いそうです。

  
 

9月13日 輝く高齢者介護予防講座  介護予防体操

ファイル 176-1.jpgファイル 176-2.jpg

 本日は、理学療法士の久保田講師に、介護予防体操の指導をしていただきました。

 加齢による、運動や認知機能など心身の活力の低下を防ぐ、健康長寿の3本柱「栄養・運動・社会参加」についての話がありました。筋肉を衰えさせないこと、栄養をしっかり取ること、そして社会に出て人と接すること。

 笑いを交えながらの軽妙な口調で、3本柱について話された後、ストッレチと脳トレゲームをしました。

 最初にバランスボールを椅子に座ったまま「エイ」と言いながら蹴り合い、その後蹴り合いながら、小さいピンクのボールを「ヤー」と言いながら、隣の人に投げる。緑のボールは「オー」青いボールは「カー」と言いながら、3個のボールを回す。

 「エイ」のピンクのボールが「オー」になったり「カー」になったり、見ているだけでも、混乱してしまいました。 

9月6日  輝く高齢者介護予防講座 開講

ファイル 175-1.jpgファイル 175-2.jpg

 9回目を迎えた輝く高齢者・介護予防講座が始まりました。

いつも通り、高齢福祉課の担当者・シニアメイト理事長の挨拶から始まり、握力・片足立ち・5m歩行の体力測定が行われました。

 その後「なぜ介護予防が必要か」について健康運動指導士の竹内先生にお話して頂きました。

 「介護予防」とは介護が必要な状態にならないよう「心身の機能を維持、改善」していくために、取り組んで行くことだそうです。

その為に必要なことは「筋肉を鍛えること」「きちんとした食生活をすること」 
 
筋力は鍛えると、80歳を過ぎてもアップするそうです。

 きちんとした食生活を送ることも大事です。
その為に口腔の筋トレも必要で、舌をベーと出したり、口の中で舌をクルクルまわしたり、歌を歌ったりすることで、嚙む力、飲み込む力の低下を防ぐそうです。

 元気で長生きするために、少しづつ毎日続けることが大事だそうです。
 

8月25日  オレンジカフェ

ファイル 174-1.jpgファイル 174-2.jpgファイル 174-3.jpg

 8月下旬に入ったと言うのに、相変わらずの暑さの毎日。それでも本日は20名もの方に来店していただきました。いつもありがとうございます。

 今日は、先月台風のために延期した、武蔵村山のコーラスグループ「コール・ムサシ」の歌の集いがおこなわれ、オープニングは、コール・ムサシさんの「この街で」の合唱。その後「うみ」と「海」の2種類のウミの歌を皆で歌いました。その他「みどりのそよ風」しあわせなら手をたたこう」など懐かしい歌満載。 
ただ一つ「村山エレジー」を除いて……。

 グループの皆さん「村山エレジー」を広めるための努力をされているとの事。私たちも練習しました。譜面を載せました。ぜひ皆さんも歌ってみてください。

 本日私たちがいつも通りに、会場に着いたとき、風船のお花が、沢山壁やブラインドに咲いていて、全くいつもと違う雰囲気……。

 以前オトナリさんで「風船アート」(で良いのでしょか???)の講座をして下さったOさんが飾り付けをしてくれました。

 Oさんの、オカリナ演奏もあり、皆さんオカリナの優しい音色に感動されていました。

 

7月28日  オレンジカフェ

 今日は台風の予報だったので、イヴェントは中止にしました。それでも8人の方に来店して頂きました。

 雨も思ったほど降らず、閉店と同時に降り出した感じでした。

 イヴェントがなかったせいか、皆さん落ち着いて話に花がさいている様でした。

 今回の南から来て西にに向かう台風など、私は初体験でした。中国地方では、あちこちで雨による災害が起きたばかり、自然とは無慈悲なものですね。

 台風による災害が起きないことを、祈るばかりです。
 、

ページ移動